騎手とサイン

by 穂 渡 桂 樹   

中央競馬に登場する騎手に関して Sun Sign Astrology の観点から考察をしてみる。

元はといえば、競馬雑誌を見ていて、「魚座生まれの騎手が多い」ことに気づき、それも「成績上位の騎手に多い」ことを不思議に思ったからである。単純にスポーツ選手と言えば、「火の宮の人が強い」のではないかという推測があり、「水の宮」の騎手というイメージはあまりなかった。
今回使用したデータは、「週間 Gallop」の2001年9月2日号(産業経済新聞社)を参照させて頂きました。
サインの境界(太陽のサイン・イングレス)のチェックには、Stargazer for Windows by delphi ( リンクページ URL を参照。小曽根秋男氏作 ) を利用させて頂きました。
文中、騎手の方の敬称は略させて頂きます。

もちろん、オチを付けたいが、まずはマジメに考察しようと思う。なお、騎手データはGallop誌を参照したため、地方競馬所属の安藤勝騎手、吉田稔騎手等、短期免許にて来日していた外国人騎手が含まれている。
関西所属騎手では、「サインの境界の日に出生した」人が5名もいる。これはどちらにもカウントしていない。(ただし、トップ24や、騎手の総計には加えてある。トップ24としたのは、サインが12のため「単純な平均値ならトップ24に占める割合は2名」とわかりやすいため。)
また、成績は上記9月2日号のデータであり、今年度も年度中であることや、既に引退や引退の決定している騎手、病気や怪我の騎手も含まれる。そのため、確実性のある母集団とは言えない。つまり、ここでは「こういった考え方もできるのではないか?」という部分を見つけていきたいと考えている。

なお、この結果によって、特定のサインの生まれの騎手につき、その能力の優劣を断定(仮定)するものではない。成績や実数に現れた傾向をSun Sign Astrologyの一観点から解釈してみようという試みである。

東西別、騎手成績・サイン分布

関東トップ24

1蛯名 魚座
2柴田善 獅子座
3岡部 蠍座
4横山典 魚座
5後藤 魚座
6中舘 蟹座
7田中勝 魚座
8江田照 水瓶座
9北村 獅子座
10吉田 牡羊座
11デザーモ 魚座
12二本柳 魚座
13勝浦 獅子座
14大西 乙女座
15村田 射手座
16小野 獅子座
17小林淳 魚座
18木幡 双子座
19菊沢徳 水瓶座
20ペリエ 山羊座
21 山羊座
22郷原 蠍座
23横山義 魚座
24嘉藤 蠍座


関東騎手成績分布

サイン TOP24の人数 TOP24中に占める割合 星座内でTOP24に入る割合 その星座の騎手合計 関東の騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 1人 4.2% 16.7% 6 人 6.6%
牡牛座 0人 0.0% 0.0% 3 人 3.3%
双子座 1人 4.2% 14.3% 7 人 7.7%
蟹座 1人 4.2% 33.3% 3人 3.3%
獅子座 4人 16.7% 66.7% 6人 6.6%
乙女座 1人 4.2% 14.3% 7人 7.7%
天秤座 0人 0.0% 0.0% 5人 5.5%
蠍座 3人 12.5% 23.1% 13人 14.3%
射手座 1人 4.2% 25.0% 4人 4.4%
山羊座 2人 8.3% 25.0% 8人 8.8%
水瓶座 2人 8.3% 16.7% 12人 13.2%
魚座 8人 33.3% 47.1% 17人 18.7%


関西トップ24

1藤田 魚座
2四位 射手座
3松永幹 牡羊座
4河内 魚座
5秋山 水瓶座
6福永 射手座
7安藤勝 牡羊座
8熊沢 水瓶座
9 山羊座
10池添 蟹座と獅子座の境界
11武幸 蠍座
12佐藤哲 乙女座
13武豊 魚座
14デムーロ 山羊座
15和田 蟹座
16角田 蠍座
17芹沢 乙女座
18本田 山羊座
19高橋亮 山羊座
20渡辺 牡羊座
21小林徹 牡牛座
22飯田 蠍座
23小池 魚座
24石橋 天秤座


関西騎手成績分布

サイン TOP24の人数 TOP24中に占める割合 星座内でTOP24に入る割合 その星座の騎手合計 関西の騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 3人 12.5% 50.0% 6人 6.1%
牡牛座 1人 4.2% 20.0% 5人 5.1%
双子座 0人 0.0% 0.0% 6人 6.1%
蟹座 1人 4.2% 14.3% 7人 7.1%
獅子座 0人 0.0% 0.0% 7人 7.1%
乙女座 2人 8.3% 28.6% 7人 7.1%
天秤座 1人 4.2% 10.0% 10人 10.2%
蠍座 3人 12.5% 37.5% 8人 8.2%
射手座 2人 8.3% 22.2% 9人 9.2%
山羊座 4人 16.7% 44.4% 9人 9.2%
水瓶座 2人 8.3% 25.0% 8人 8.2%
魚座 4人 16.7% 33.3% 12人 12.2%

10位 池添 S54/07/23 蟹座と獅子座の境界の日(カウントせず)
33位 千田 S44/8/23 獅子座と乙女座の境界の日(カウントせず)
36位 上村 S48/10/23 天秤座と蠍座の境界の日(カウントせず)
77位 田中亮 S56/11/22 蠍座と射手座の境界の日(カウントせず)
96位 服部 S55/10/23 天秤座と蠍座の境界の日(カウントせず)

データを24位までにすることで、主に「水の宮」の騎手数が増えることになった。しかし、20位までで切ったとすれば、関東・関西ともに、トップ20には牡牛座と天秤座がひとりもいないことになった。どこで切るかによって、恣意的な操作も可能な点は記しておく。

関東と関西による傾向の違いは、関東と関西の体質的な違いかもしれない。今はあまりなくなっているとも言われるし、調教師の個人の考え方にもよるのでパラメータとして組み込める問題ではない。かつては関東と関西の騎手起用には差があったと見ることもできるかもしれない。関西のほうが新人など若手を起用するので伸びやすいとか、師匠になる調教師が積極的に弟子の若手騎手を起用する傾向があった。(あったように感じている。)関東は有力騎手の騎乗機会が関西より恵まれ、大レース前で乗替(のりかわり=今まで載っていた騎手から変更になる)例も多いように感じる。

東西合計データ

サイン 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 4人 8.3% 33.3% 12人 6.3%
牡牛座 1人 2.1% 12.5% 8人 4.2%
双子座 1人 2.1% 7.7% 13人 6.9%
蟹座 2人 4.2% 20.0% 10人 5.3%
獅子座 4人 8.3% 30.8% 13人 6.9%
乙女座 3人 6.3% 21.4% 14人 7.4%
天秤座 1人 2.1% 6.7% 15人 7.9%
蠍座 6人 12.5% 28.6% 21人 11.1%
射手座 3人 6.3% 23.1% 13人 6.9%
山羊座 6人 12.5% 35.3% 17人 9.0%
水瓶座 4人 8.3% 20.0% 20人 10.6%
魚座 12人 25.0% 41.4% 29人 15.3%

TOP24は、それぞれ東西の上位24人までを合計した。(東西併せて集計しての勝ち鞍48番目までではない。)赤文字はそれぞれのパーセンテージで上位3番目まで。青文字はそれぞれのパーセンテージで下位3番目までである。

考察1(エレメンツ)

サインのエレメンツで共通点を見いだそうとすると、多少の無理がある。明らかに「水の宮」が突出しているように見えるが、そうだとすると、蟹座が平均値でしかない。騎手全体のパーセンテージを考えると、騎手になっている人が少ないことになる。
「火の宮」が突出しそうな印象については、牡羊座と獅子座がトップ24に平均値以上の数を送り込んでいて、特に牡羊座では全体に占める割合が低い割に成績の良い騎手が多いことになる。その点では「火の宮」が言われるように身体能力が優れているとしたら、1項目以外は上位3番目までのパーセンテージをとれないことは気になる。
「風の宮」については、水瓶座だけが別傾向を示している。双子座と天秤座に関しては、騎手になる人も少な目で、成績も振るわないのが現状のようだ。
「地の宮」は牛と馬が合わないのか、牡牛座が全項目で下3位に入っているのに、山羊座は平均程度の分母に対して、成績は優秀と言える。

考察2(クオリティ)

サインのクオリティでの共通点はあまり考えられないと思われる。

考察3(支配星)

この数字は、あまり正確ではない。支配する星座を2つ持つ惑星が5つ、太陽と月は支配する星座が1つのため、単純比較ができない。そのために便宜上太陽と月の人数・パーセンテージを倍にしているが、そうするなら分母も変わってくるため本来は分母を変えて再計算する必要がある。

惑星 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
太陽 4人(8人) 8.3%(16.6%) 30.8% 13人(26人) 6.9%(13.8%)
2人(4人) 4.2%(8.4%) 20.0% 10人(20人) 5.3%(10.6%)
水星 4人 8.3% 14.8% 27人 14.3%
金星 2人 4.2% 8.7% 23人 12.2%
火星 10人 20.8% 30.3% 33人 17.5%
木星 15人 31.3% 35.7% 42人 22.2%
土星 10人 20.8% 27.0% 37人 19.6%

これで見る限り、月、水星、金星が支配星となるサインが少ないことがわかる。

考察4(エッセンシャル・ディグニティ)

以下、各ディグニティでの考慮を行うが、判断が困難な term と face は除外する。triplicity は、火星については昼も夜も同じなので +3 とし、他の惑星は +1.5 として便宜上計算を行った。

サイン 火星のディグニティ 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 +5 4人 8.3% 33.3% 12人 6.3%
牡牛座 -5 1人 2.1% 12.5% 8人 4.2%
双子座 0 1人 2.1% 7.7% 13人 6.9%
蟹座 -1 2人 4.2% 20.0% 10人 5.3%
獅子座 0 4人 8.3% 30.8% 13人 6.9%
乙女座 0 3人 6.3% 21.4% 14人 7.4%
天秤座 -5 1人 2.1% 6.7% 15人 7.9%
蠍座 +8 6人 12.5% 28.6% 21人 11.1%
射手座 0 3人 6.3% 23.1% 13人 6.9%
山羊座 +4 6人 12.5% 35.3% 17人 9.0%
水瓶座 0 4人 8.3% 20.0% 20人 10.6%
魚座 +3 12人 25.0% 41.4% 29人 15.3%


サイン 太陽のディグニティ 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 +5.5 4人 8.3% 33.3% 12人 6.3%
牡牛座 0 1人 2.1% 12.5% 8人 4.2%
双子座 0 1人 2.1% 7.7% 13人 6.9%
蟹座 0 2人 4.2% 20.0% 10人 5.3%
獅子座 +6.5 4人 8.3% 30.8% 13人 6.9%
乙女座 0 3人 6.3% 21.4% 14人 7.4%
天秤座 -4 1人 2.1% 6.7% 15人 7.9%
蠍座 0 6人 12.5% 28.6% 21人 11.1%
射手座 +1.5 3人 6.3% 23.1% 13人 6.9%
山羊座 0 6人 12.5% 35.3% 17人 9.0%
水瓶座 -5 4人 8.3% 20.0% 20人 10.6%
魚座 0 12人 25.0% 41.4% 29人 15.3%


サイン 月のディグニティ 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 0 4人 8.3% 33.3% 12人 6.3%
牡牛座 +5.5 1人 2.1% 12.5% 8人 4.2%
双子座 0 1人 2.1% 7.7% 13人 6.9%
蟹座 +5 2人 4.2% 20.0% 10人 5.3%
獅子座 0 4人 8.3% 30.8% 13人 6.9%
乙女座 +1.5 3人 6.3% 21.4% 14人 7.4%
天秤座 0 1人 2.1% 6.7% 15人 7.9%
蠍座 -4 6人 12.5% 28.6% 21人 11.1%
射手座 0 3人 6.3% 23.1% 13人 6.9%
山羊座 -3.5 6人 12.5% 35.3% 17人 9.0%
水瓶座 0 4人 8.3% 20.0% 20人 10.6%
魚座 0 12人 25.0% 41.4% 29人 15.3%


サイン 水星のディグニティ 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 0 4人 8.3% 33.3% 12人 6.3%
牡牛座 0 1人 2.1% 12.5% 8人 4.2%
双子座 +6.5 1人 2.1% 7.7% 13人 6.9%
蟹座 0 2人 4.2% 20.0% 10人 5.3%
獅子座 0 4人 8.3% 30.8% 13人 6.9%
乙女座 +9 3人 6.3% 21.4% 14人 7.4%
天秤座 +1.5 1人 2.1% 6.7% 15人 7.9%
蠍座 0 6人 12.5% 28.6% 21人 11.1%
射手座 -5 3人 6.3% 23.1% 13人 6.9%
山羊座 0 6人 12.5% 35.3% 17人 9.0%
水瓶座 +1.5 4人 8.3% 20.0% 20人 10.6%
魚座 -9 12人 25.0% 41.4% 29人 15.3%


サイン 金星のディグニティ 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 -5 4人 8.3% 33.3% 12人 6.3%
牡牛座 +6.5 1人 2.1% 12.5% 8人 4.2%
双子座 0 1人 2.1% 7.7% 13人 6.9%
蟹座 0 2人 4.2% 20.0% 10人 5.3%
獅子座 0 4人 8.3% 30.8% 13人 6.9%
乙女座 -2.5 3人 6.3% 21.4% 14人 7.4%
天秤座 +5 1人 2.1% 6.7% 15人 7.9%
蠍座 -5 6人 12.5% 28.6% 21人 11.1%
射手座 0 3人 6.3% 23.1% 13人 6.9%
山羊座 +1.5 6人 12.5% 35.3% 17人 9.0%
水瓶座 0 4人 8.3% 20.0% 20人 10.6%
魚座 +4 12人 25.0% 41.4% 29人 15.3%


サイン 木星のディグニティ 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 +1.5 4人 8.3% 33.3% 12人 6.3%
牡牛座 0 1人 2.1% 12.5% 8人 4.2%
双子座 -5 1人 2.1% 7.7% 13人 6.9%
蟹座 0 2人 4.2% 20.0% 10人 5.3%
獅子座 +1.5 4人 8.3% 30.8% 13人 6.9%
乙女座 -5 3人 6.3% 21.4% 14人 7.4%
天秤座 0 1人 2.1% 6.7% 15人 7.9%
蠍座 0 6人 12.5% 28.6% 21人 11.1%
射手座 +6.5 3人 6.3% 23.1% 13人 6.9%
山羊座 -4 6人 12.5% 35.3% 17人 9.0%
水瓶座 0 4人 8.3% 20.0% 20人 10.6%
魚座 +5 12人 25.0% 41.4% 29人 15.3%


サイン 土星のディグニティ 東西各TOP24合計の人数 東西各TOP24合計中に占める割合 星座内で東西各TOP24合計に入る割合 その星座の騎手合計 全騎手中にその星座が占める割合
牡羊座 -4 4人 8.3% 33.3% 12人 6.3%
牡牛座 0 1人 2.1% 12.5% 8人 4.2%
双子座 +1.5 1人 2.1% 7.7% 13人 6.9%
蟹座 -5 2人 4.2% 20.0% 10人 5.3%
獅子座 -5 4人 8.3% 30.8% 13人 6.9%
乙女座 0 3人 6.3% 21.4% 14人 7.4%
天秤座 +5.5 1人 2.1% 6.7% 15人 7.9%
蠍座 0 6人 12.5% 28.6% 21人 11.1%
射手座 0 3人 6.3% 23.1% 13人 6.9%
山羊座 +5 6人 12.5% 35.3% 17人 9.0%
水瓶座 +6.5 4人 8.3% 20.0% 20人 10.6%
魚座 0 12人 25.0% 41.4% 29人 15.3%


全体を眺めたところ、もはや、感覚的な問題かもしれないが、火星のディグニティに一番有用性が認められるように思える。特に「水の宮」でもトップ24が多い魚座と蠍座にポイントが高く、同じ「水の宮」でも蟹座のポイントが低い点、さらには質の高さを表す牡羊座のポイントが高い点でも説明を付けている。マイナスポイントに目を向けると、同じようにポイントの低い牡牛座と天秤座において、実際のデータとも合致する。山羊座の高さもエグザルテーションで説明がついてしまう。ここでは、双子座にマイナスがない点のみの不整合である。。
この点だけで言うなら、サンプル数が200弱なので、偶然の偏りがあるかもしれないという強引な説明でもいいのかもしれない。(お茶を濁すなら。)
水星、木星、土星については、実データとの違いを考慮すると、有用性がないと考えたほうがよいようだ。
太陽のディグニティも比較的有用だろう。トップ24に安定して平均以上の数を出している、月に関しては、おもしろいことにプラス・マイナスを逆にした場合に、有用性が考えられるかもしれない。月よりは多少の無理があるが、金星に関しても同様である。

Appendix

オチを付けるのは、やめよう、やめようと思っていたが、どうもサガがあるらしい。
実は、上位騎手のSolar Signチャート(出生時間がわからないことが一番の理由)をいくつか作ってみた。なにか見いだせないかと思ったのである。ところが…。むしろ、火星のディグニティがあまり関係なく見え、金星が高い(特にrularやexaltationでミューチャルレセプションを持っている人が多かったように思う)とか、今回の結論の邪魔になるような材料が出てきてしまった。このあたりが、「占星術の難しいところ」だと思う。

さて、じゃぁ、これを競馬の予想に応用するのか? と言われれば、No! である。競馬の予想は「自分で考えるから楽しい」のである。占星術で、天体の位置、ディグニティ、サイン、ハウス、アスペクト、それらを見ていくのと同じように、競馬で、馬、騎手、調教具合、コース適性、天気、馬体重などをチェックし「自分で考えていく」のである。
ついつい、後藤君を応援したくなってしまう。「あぁ、キミは、買わないと来るけど、買うと来ないね」とか「あーーー、てめぇ、もっちしっかり乗れ(かなり自分勝手な意見)」と叫びたくなる騎手だと買わなかったりもする。カネは払っても、魂は売り渡さないのだ。
もっとも楽しい作業は、自分でやるから楽しいのだ。そして、自分で決めたことなら、ハズレた時もあきらめがつくのだ。そう、これが「競馬の難しいところ」だと思う。