Christian Astrology P152〜
次のチャートを用いて、前述した判断を詳しく解説していきましょう
訳 : ほ う じ 茶

チャート出力 StarGazer for Windows by Delphi

ホラリーチャート 1638.7.19 23:45 ロンドン


1, 探し人は実家に戻ってくるか?
2, 突然のハプニングは良い事?それとも悪い事?
3, 質問者は身体のどこにほくろや傷を持っているか?
4, 消息不明の人物の安否について


その2
「突然起こった出来事はその後の不幸をもたらすものか、心配しなくて良いかをチャートから読んでいきましょう。」

このような(事が起こった)時間に立てたものとして、先ほどのチャートで見てみましょう。
太陽は在サインのロードです。木星は月の在サイン魚のロードです。金星はアセンダントつまり生命の室のレディです。金星はアセンダント天秤が自国であり、自身のタームも保持し、ハウスカスプとシニスタートラインを作っていますので、この場所で最も有力な惑星です。またアセンダントに入っている木星とトラインでもあります。
ここから自信を持ってジャッジできます。突然の事故もしくは事件がちょうど(チャートを立てた)この時間に起きているなら、その事柄によって質問者が不利益を被ることはまずありません。むしろ良いことがあります。現在、金星が金銭を示す2室に在する火星とのオポジションに近接しているなら、質問者は近々経済的にいくばくかの損失を被ることになるだろう、もしくはお金を落とすだろうと判断します。

★   ★   ★   ★   ★


感想ノート

ここから先は、実際にお客から出された質問ではなく、前章Chap.XXIVで説明した1室から読める事柄を、このチャートを用いて解説しているようです。
何か突然の出来事に遭遇した時、例えばお財布や携帯落としたり、納入した仕事にミスが発覚したり、子どもが熱出して寝込んだり、会社の会議の席で一瞬カツラがずれたり、そんな時人は誰でもびっくりしてあわてますし、それから厄介な事に巻き込まれるのではないかとか、ひどい目にあわされるのではとか、その事でずっと悩まされる状況を想像し、大小の差こそあれ、不安を感じ憂鬱になりがちですよね。
リリーはそのような予測できない不意の出来事が後々大事になるか小事で済むかを、いくつかのポイントから判断しています。これはここだけ読んでも何を言っているかさっぱり分からないと思いますので、CAを持っている方、持っていない方もぜひ入手されてすぐ前の章を読んでいただければと思います。この考察は大変面白いですので。
それから前章でもこの項でも、ホラリーよりもその出来事が起きた時間と場所で作るイベントチャートを出しなさいと勧めている様に見受けられる点が興味深いです。