Base

|

Reference

|

相性

|

エッセイ

|

占断例

|

占星依頼

|

サイトマップ

 ■古代 占星術は 誕生日が分からなくても、占えました。

■第2ハウス House of Possessions.

   第二ハウスのルーラーは「木星」で、対応するハウスは牡牛です。第二ハウスのルーラーが金星だと思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。こちらの図をご覧になり、ハウスの項のそれぞれをご覧になれば違うということがご理解いただけると思います。

   金星は関係ありません。現代占星学が見過ごしている点です。

   この2ハウスは植物ならば芽を出す準備、動物なら出生の準備といえるハウスです。(エジプトには、インド以前に既に輪廻転生観《参照4ハウス》がありました)  内部で成長は始まっています。卵になぞらえれば、栄養分でしょうか。アル・ビルニは確かに滋養分と書いています。リソース、源泉、利用できる財です。しかし、ひじょうに静かなハウスです。ひっそりと身ごもる、育まれている、外部に対する影響力を持っていないかのように錯覚さえします。でも、内部的にはものすごい成長力・エネルギーを持っていると言わざるをえません。オポジションの8ハウスが、ものすごい衰えを示すのと対照的です。

   とはいうものの、古代の哲学がどんな過程を経て2ハウスに[弱さ]をしっかりと定義させたかは分かりません。上記は輪廻転生をベースにした場合の、憶測です。でも、同様程度に外れてはいないと思います。

   第2ハウスはアセンダントとメイジャーなアスペクトを取り得ないということで、弱いハウスです。動産や財産を表示できないくらい弱い・・・という意味ではありません。例えば、7ハウスのルーラーがアセンダントに入っている場合と、2ハウスに入っている場合では、圧倒的にアセンダントに入っている方が強いという意味です。

   2番目の惑星(カルディアン・オーダーという並べ方をしていって、つまり、土星→木星→火星→太陽→金星→水星→月)木星が、共同表示者となります。共同表示者? ちょっといい訳語が見つかっていないのでこう書いていますが、順番に役割を与えられる当番みたいなもので、特に強い意味は持ちません。とかいいながら、アセンダントの土星は良い配置なら長命とかになっていますし、木星がここにあれば、富の増大を示します。

   冥界の王ハデスは死の神であるばかりでなく、再生する魂に必要な財物を惜しげなく与える神でもあるのでしょうか。それとも、再生する魂は必要な財は自分の徳の範囲内でそろえることができるのでしょうか。後者の方が輪廻転生をベースにしているインド哲学的ですね。いやエジプト哲学的と言えばいいのでしょうか!

   現代占星術はどのハウスの力も、強弱が伏せられて語られていないので、とても読みにくい占星術になってしまっています。簡単な方式になっているので、取っつきやすいのですが、読みにくいのでハウスを主体にしない様々な手法が発達する事にもなりました。ハーフ・サム、調波、etc.

   「隠されていて潜在的」・・・なんと都合の良い言葉でしょう。そんなことは知りたくはないのです。

   2番目ですので、牡牛が一応当てはめられていますが、牡牛に2ハウスという意味はありません。表に書いたら出てくる程度と、ご理解下さい。まったくめちゃくちゃなことを言いますが、現代占星術の信奉者の皆さまには、ものすごいインパクトであるとは、思います。

   もし質問が個人の所有物、動産や可動品、又は利得に関するものならば、第2ハウスが考慮されることになります。現金、富(金やダイヤモンド)、給料、利益、および利ざや、損失、収入、銀行預金等になります。すべてのサクシーデントハウスは、前に置かれたアンギューラーハウスの(源泉・財源)リソースを示します。

   ここで現金が出てきていますが、金星から導き出されたものではありません。牡牛のサインから導き出されたものでもないことが、少しはご理解頂けたでしょうか?


ちゃんとした財産が得られるか、そしてその時期

物質的に幸せになる能力

物質的な達成の意味

いつまで、資産の増加は続くか

動産を売れるか

収入に対しての質問

等の質問に対して応えます。 

House Top

 Houses.

Houses 総論
1st house
2nd house
3rd house
4th house
5th house
6th house
7. house
8. house
9. house
10. house
11. house
12. house

 Reference.

アセンダント

サイン

アスペクト

ディグニティー

レセプション

 What's the house?

現代占星術で使われているハウスの概念は、ある時点から欠陥が増えていきました。
 どこが、どう違うのか、異論を恐れず書き記します。

 Natal Astrology.

出生占星術

中心になる星

体質の計算

出生占星術 結婚

相性に伴うサイン 

相性 

相性に伴う7ハウス 

 Our Group.

Astrologer TOP

Kuni Kawachi<kenroku@alles.or.jp> 禁 無断転載 , 転載の場合はご連絡下さい