Base

|

Reference

|

相性

|

エッセイ

|

占断例

|

占星依頼

|

サイトマップ

 ■古代 占星術は 誕生日が分からなくても、占えました。

■第7ハウス The Houase of Pertner.

   アセンダントの反対側。175度ぐらいから第8ハウス・カスプの5度ぐらい手前まで。

占星術師自身の関わり方が第7ハウスで示されると言われます。

第七室は占星術の極みと言っても過言ではありません。それだけ、この部屋は問われる機会が多く、人々の関心事が多いのが特徴です。

アセンダントのオポジション。アセンダントとディセンダントの強い結びつきは、日の昇る点←→日が沈む点、そして、あらゆる星晨がこの関係にある、視認できる位置ということができます。
太陽がここにある時間帯も、日の出と共にとても印象的な時間で、注目すべきポイントであることは全ての人が認めるところでしょう。太陽にとってはアセンダントが相応しいとすれば、ここは、月にとって相応しい位置と言えます。

エジプトの哲学は人生の終焉として認めます。力のない植物達は実際に一日で枯れてしまうことはないのですが、枯れ、消失を示すと考えました。そして同様に、太陽の降下・日の入りを死と結びつけて考えたとしても、おかしくはなかったはずです。マニリウスは確かに死の意味を持っていると考えていたようです。

しかし、時代の変遷の結果、より弱いハウス、8ハウスに死の座を現在では与えています。アセンダントと関係が強い(オポジション)ということで、7ハウスは実際には力のあるハウスです。死へ至る道筋(8ハウス)での虚弱を「死」として与えました。このへん納得しがたいものがありますが、ホラリーなどでは事実として捉えられますので、恐ろしいものがあります。

マニリウスからトレミー(プトレマイオス)の時代にかけて、急速に占星学が発展したとみられる時期があります。その辺の歴史はよく知りませんが、破壊というのは8ハウスで始まっているんだよ、という理論がその時期に定着していったとみられます。

さて、実際の「死」の意味を免れた7ハウスはどのような意味を持つのでしょう。皆さんご存知のように、恋人であり、パートナーです。天秤のサインがあるので、バランスを受け持つもう一方の「者」、天秤から導かれた金星が ・ ・ ・ 忙しい金星は恋人の意味を持たされようとしています。待った〜〜〜。 持っていません。何遍も言いますが、サインとハウスは別の概念です。

アセンダントとオポジションにあるから、敵対者、そして、男性/女性に分けた場合の対応者、恋人や結婚に結びつけられて考えられています。実際にホラリーで検証してみると、確かに筋が通ります。OK,OK! 安心して恋人や結婚の問題を表していると捉えて良いようです。敵対者でもあります。結婚とは、敵対者同志が「仲良く暮らしているの図」! こんなことは占星家の誰も書いていませんが、私に言わせればそうなります。訴訟や裁判の「敵」です。

とにかくアセンダントとやることなすこと、まったく逆です。日は沈む。暗くなる。星晨は下降する。仕事は終える時間です。
そして、夜の楽しみが始まる準備の部屋です。

12〜11〜10ハウスが男性的な要素を持っているとして、9〜8〜7ハウスが女性的であるという捉え方があります。実際に太陽がアセンダントから昇った時を最も力強い現象とみてとらえると(マイナス5度ルール)、月が7ハウスで沈もうとして輝く様は、太陽と対照的にとらえたならば、月にとって最もふさわしいハウスとなります。7ハウスの部分は、大気の影響で曇ったりかすんだりしてよく分からない日が多いのですが、月は西に、日は東に、なんともゴロは悪いです。

エレクションという占星術の分野がありますが、そこでは、できれば月を強いまんま7ハウスに置くと、大抵の問題にとってはグッドだよ、となっています。でも、月の「JOY」になるハウスではありません。7ハウスで「月」は良いには良いのです。カルディアン・オーダーで当てはめていくと、「月」が7ハウスの惑星にはなります。

ホロスコープ・チャートに向かうと日々の回転方向、時計回りと、実際に惑星が進む方向、(アンチ・クロックワイズ)時計と逆回りがあります。ハウスやサインは時計と逆回りに配置されています。この順番どおりに年齢が進むのだという説明は、ハウス全体の哲学的考察とはまったく相いれない考え方です。
年齢域は惑星がじりじり動く時計と逆回りよりも、ダイナミックな日々の天の回転が司るのだという古代の哲学の片鱗は感じてもらえたでしょうか。(他のハウスについてもお読み下さい)


二人の関係は(現在お付き合いしている人について)

男女の関係は、恋人、友人、情事の相手、・・・主だったものとして左記のものがあります。もちろん、他にも、仕事関係、師弟関係、近所の人 ・ ・ ・ 等数え切れないくらいありますが、いったい相手との関係はどんな関係なんだろう? 相手の気持ちが分からないときに質問された問題では、アセンダントと11室のルーラーが関係ある場合は友達です。7室のルーラーと関係があれば、愛の対象として捉えられています。5室のルーラーと関係がある場合は、情事の相手としてカレントが見られています。

ホラリーは質問ごとに特別な答えが出るものです。問題が最初から恋愛がどうこうという場合には、最初から7室のルーラーとアセンダントの関係を見ていきます。

結婚、恋愛、愛情問題
結婚、恋愛、情事等について聞かれたときには、まず、アセンダント、アセンダントのルーラー、月。これらがカレントの状態を示します。

次に、第7室と7室のルーラー、これらが、相手の人の状態、相手の人を表します。

男の人を表すナチュラル・ルーラーは火星ではなく、太陽です。

女の人は、金星です。これらが7ハウスの問題の主要な要素です。

アセンダントのルーラーか月は、第7室のルーラーと、どんなアスペクトを持っているでしょうか? 

加えて、月か太陽(女の人が聞いた場合 金星)が、どの星にどんな近づき方をしているでしょうか?

もし、アセンダントのルーラーか月が第七室のルーラーに近付いていたとしたら、あるいは第7室に入っていたら、カレントは強くこの相手に対して、結婚への期待を持っていることの表示です。
それらが、スクエアやオポジションといった関係で、ディグニティーを持っていてレセプションの関係であれば、ゆっくりとですが成就へ近付いていることを表しています。

第七室のルーラーがアセンダントのルーラーや、又は、七室のルーラーが第一室にある場合は、きっとこの問いを発したカレントは、易く結果を手に入れることでしょう。もちろん若干の条件があります。


House Top

 Houses.

Houses 総論
1st house
2nd house
3rd house
4th house
5th house
6th house
7. house
8. house
9. house
10. house
11. house
12. house

 Reference.

Refernce Top

アセンダント

ディグニティー

レセプション

 What's the house?

現代占星術で使われているハウスの概念は、ある時点から欠陥が増えていきました。
 どこが、どう違うのか、異論を恐れず書き記します。

 Natal Astrology.

出生占星術

中心になる星

体質の計算

出生占星術 結婚

相性に伴うサイン 

相性 

相性に伴う7ハウス 

 Our Group.

Astrologer TOP

Kuni Kawachi<kenroku@alles.or.jp> 禁 無断転載 , 転載の場合はご連絡下さい