月記 バックナンバー


<先月> <目次> <来月> <最新> <Astrolgoer's diary> <Top Page>


惑星の集中って  2006/3/12 Sun.
StarGazerのデータを元に調べました。

ちと、おもしろくなって、別件で作った作ったスクリプトのパラメータ変更でやってみました。


偏りという点で、10惑星が続いている3つの星座の間に入った期間。
過去100年で4回。

1980年11月04日09時31分 から 1980年11月11日21時15分 まで、天秤座から射手座
1982年10月15日15時23分 から 1982年10月22日17時38分 まで、天秤座から射手座
1983年11月29日14時57分 から 1983年12月04日20時21分 まで、天秤座から射手座
1984年10月24日19時08分 から 1984年10月31日06時13分 まで、蠍座から水瓶座


7惑星が連続した2つの星座に入るのは、過去100年で58回あるんですね…
調べてみるとおもしろいモンだ。
そして、7惑星全てが同じ星座に入っていた時期は、過去100年で2回。これは木星と土星の公転周期の公倍数で言えば(約)60年周期ですが「木星は土星を追い越す」ため、約20年に1度は合になっているわけでして。あぁ、なるほど。

1962年02月04日07時57分 から、1962年02月06日07時53分 まで、7惑星全部水瓶座
2000年05月03日13時54分 から、2000年05月04日04時18分 まで、7惑星全部牡牛座

ホラリーだと、かなり困りそうです。エッセンシャル・ディグニティもハウス、エグザルテーション、トリプリシティは同じ(だからデトリメントとフォールも同じ)で、違うのは、タームとフェイスくらい?

そういえば、2000年の時は、タウルス・インパクトとか言って騒がれたっけ。



みなさん、それぞれご意見はあると思うし、どうお考えかはわかりませんが…

1つの星座に集まっていれば、全部が1ハウスや10ハウスだったり、全部が8ハウスや12ハウスなんてことがあるわけで、「なにか、すごいことになりそう」なんて言いたくなります。

私個人の考え方として、この「7惑星全部がひとつの星座に集まっている期間内に生まれた人」が、超一流スポーツ選手になったとしても、歴史上希な凶悪事件の犯人になったとしても…。それを星のせいにしたくはないです。(まぁ、今時、それを星のせいだと言う人も少ないでしょうけど…。)同じ日に生まれた人が、全て同じ結果になるわけじゃないんだから。

おもしろ半分で調べておいて、なに偉そうに…という感じで申し訳ないです。
(単純に、どれくらい起こるんだろう? という興味でした。)


<先月> <目次> <来月> <最新> <Astrolgoer's diary> <Top Page>


Akiary v.0.42