月記 バックナンバー


<先月> <目次> <来月> <最新> <Astrolgoer's diary> <Top Page>


書きたいことは多々あるけれど  2002/4/1 Mon.
時間がない、まとめられない、などなど。

そういえば、本日4/1は、15時過ぎに、ほぼ同時に、金星の牡牛座イングレスと、月の射手座イングレス。金星はヤラれ気味だった牡羊座さんのおうちで出て、自分の家に戻ってパワー全開? 月も蠍座で押さえつけられていたのがなくなります。でもなぁ、これで、金星と火星のMRがなくなってしまうわけだから、それはそれで、インパクトがあると思う。(何に? と言われても困るけど…)
MRって、どう出るんだろう? いったりきたり、行き違いだったりするのかな。もしくは、お互いが相手の立場を理解して力を分け合えるのか? こういうのは、星が世相やすべての人に対して影響を与えていることから来る、個人への影響として出てくると思っている。

星の動きは何となく気にしていると、何となく、気づくことがあるもの。(笑)
4月でも13日〜14日にかけては、月、水星、火星が一気にイングレスする。特に月と水星は、一緒に「せーの!」で牡牛座に入るようなもの。
変化が少なければいいのか? と言われると答えは難しいけれど、変化が大きいというのは悪い方向に出た時に面倒なことになると思う。

そして5月には、射手座に入ったばかりの月が半影月食。(26日、日本からも見える。)
愛読している某サイトもこういうネタで書いてくれそうだし、もう一カ所の有名サイトもこの頃までにはパソコン環境も整ってくれるだろうと期待していたりして。(笑)


うちのパソコン  2002/4/4 Thu.
Meだから不安定で、やばい、やばいと思っていたけれど、そろそろ本格的にOSがぐちゃぐちゃになっているのかも。買うときに、9x系は信用していなかったけど、まさかここまでひどいとは思わずに買ったのが愚かだった。98SE程度に動いてくれれば許容範囲と思っていた。
オカシイ箇所が、インターネットエクスプローラ関係に限定されるようだから(当然、IEのアンインストール、再インストールもしたさ)ハードウェア的な障害は考えにくい。
ただ、IEとセットのハズのエクスプローラは問題なさそう(中身の表示に少し時間がかかるのは気になる、なんか、デバイスの情報がおかしくなっているのか?)なのに。

OSそのもののリストアもあるとは思うし、データの多くは外付けHDにバックアップしてあるから問題ナッシングなんだけど、インストールしたプログラムを再インストールするのはかなりの手間。それでも、再インストールじゃなくて、待避したものを持ってくればいいようなメーラーを使っているし、1日かけりゃできるんだけど、その1日が長いんだ!
それだったら、新しいパソコンを買って、そいつのセットアップをしたほうがマシ。
しかぁし、気分的に、次のボーナス向けのモデルにしたいと思っていたりもして。

ついでにいうと、なんと、ノートのほうも調子がいまいち。二重化対策(1つが完全に壊れてもなんとかできる体制)として導入している部分もあるんだから、こっちもイカれたらシャレにならん。Pentium II 350MHzのミニタワーを復活させなきゃいかんか? 現在、筐体を開けられたまま(笑)放置されている。Windows2000をインストールしたHDがむきだしでくっついている。

今回の新月からのサイクルは、まさにパソコン受難のサイクル。


今回の新月からのサイクルは  2002/4/11 Thu.
パソコンに異常をきたす人が、多かったのなんの。
事実、私もメインのデスクトップ(WindowsMe)はHDを入れ替えた。上書きインストールだと中身が消えてしまう。データは外付けHDに逃がしているとはいえ、設定等でなにか見たくなる可能性もある。40GBで1万を切るんだから、リスクを考えたら入れ直したほうがいい。

IEの調子がおかしくなって、まともにIEが立ち上がらないので、もう使用に耐えない。

これだけならまだしも、ノートのほうも、いまいち、調子が悪い。こちらはWindows98SEだ。かたまって、 Ctrl + Alt + Del すると、「応答なし」がいる。

暫定的にHDを買ってきて再インストールすることで、デスクトップは復活。でも、もうMeの馬鹿さ加減につきあうのがいやだから、DELLのパソコンを購入。新しいモデルがでたら買う気でいたけれど、待てないし、GWにセットアップができるなら、それでもいいかと思った。
DVDなんて見たことも読んだこともないのに、コンボドライブを選択するあたり、日本人ぽい。(笑)

そんならついでに、BIGLOBE経由でeAccessに申し込み。ついに ADLS 8M 化。
今まで、56K モデムのテレホーダイだった。誰も信じてくれない(苦笑)というか、言うと驚かれて「えーーー、まだふつうの電話だったの? とっくに常時接続はおろか、光にでもなっているかと思った」と言われ続けて、ついに ADSL 化。
実際、エロ画像見るわけでもなし、ダウンロードもたまにだから、現状でもそれほど困ってなかったんだけど。

パソコンが届くのと、ADSL使用開始が、ともに18日の予定。256のバルク・メモリを買ってこよう。ハブも買ってこよう(今持っているのは10Mだから、100Mにしたい。なぜか。。。)、SCSIボードは移行しようか買ってこようか悩むところだ。

DVDコンボを選んだのもそうだけど、国民性や、県民性に併せて、占星術もカスタマイズすべきだとは思う。でも、じゃぁ、どうカスタマイズしたらいいのさ? という問題がつきまとう。もちろん、時代によるカスタマイズも同じ。昔の本にコンピュータなんてでてこない。そして、そのコンピュータだって、人によって付き合い方が違う。自分を例にすると、もはや、値段の高い文房具であり、生活必需品といえる。電話よりもメールのほうが、回数も多いし時間も長い(多分…)から、コミュニケーション・ツールともいえる。
かといって、あんまり変なカスタマイズをしちゃうと、それは占星術ではなくなってしまう気もする。この「さじ加減」が、むずかしいんだろーなー。


因果関係、ない  2002/4/13 Sat.
ウィルスと月相の関係。
とりあえず、某メールアドレスに来た11/28以降、昨日までのウィルス
メールの数の集計。

Nov28=10
Nov29=18
Nov30=25

Dec01=28 満月
Dec02=18
Dec03=32
Dec04=22
Dec05=15
Dec06=11
Dec07=13
Dec08=16
Dec09=15
Dec10=17
Dec11=15
Dec12=10
Dec13=13
Dec14=14
Dec15=14 新月
Dec16=12
Dec17=8
Dec18=6
Dec19=7
Dec20=7
Dec21=8
Dec22=10
Dec23=7
Dec24=7
Dec25=5
Dec26=4
Dec27=4
Dec28=6
Dec29=7
Dec30=6 満月
Dec31=4

Jan01=6
Jan02=4
Jan03=7
Jan04=6
Jan05=8
Jan06=12
Jan07=7
Jan08=8
Jan09=9
Jan10=5
Jan11=5
Jan12=4
Jan13=2 新月
Jan14=3
Jan15=4
Jan16=5
Jan17=4
Jan18=2
Jan19=5
Jan20=6
Jan22=4
Jan23=6
Jan24=4
Jan25=3
Jan26=2
Jan27=1
Jan28=3
Jan29=1 満月
Jan30=4
Jan31=2

Feb01=6
Feb02=2
Feb03=3
Feb04=3
Feb05=1
Feb06=3
Feb08=1
Feb10=1
Feb12=4 新月
Feb13=3
Feb15=1
Feb18=1
Feb19=2
Feb22=2
Feb23=3
Feb24=3
Feb27=3 満月
Feb28=4

Mar03=2
Mar04=2
Mar05=1
Mar06=1
Mar07=4
Mar09=2
Mar10=3
Mar12=2
Mar13=2
Mar14=1 新月
Mar15=1
Mar17=4
Mar18=3
Mar19=1
Mar20=2
Mar21=1
Mar22=1
Mar26=1
Mar29=3 満月
Mar30=2

Apr02=1
Apr03=2
Apr04=1
Apr05=1
Apr07=1
Apr08=1
Apr11=7
Apr12=3


1週間以上開けてしまった  2002/4/21 Sun.
新しいパソコンが来たものの、部品欠品。
ネットワークカードだから、起動そのものはできたけど、環境移行に支障あり。

先週土曜日に届き、Astrologerな方のアドバイスで(やっぱり、新月とはいえ、combustは気になるよなぁ…)開封は月曜日昼に。がははは。


先週の感想  2002/4/21 Sun.
先週の日曜日は、メリマン祭(?)りだった。

「真の占星術を知る3時間」って、なかなかすごいタイトルがついていた。

伊泉さんが司会。相変わらず、見栄えがする。占いの世界も、怪しげな風貌より、グッドルッキングに越したことはない。

メリマン氏が1時間ほど「金融占星術」の導入と言えるのか、占星術で『サイクル』を見ていく話を語る。次はウルアンナさんの坂本龍馬のチャート解説。土星と冥王星のオポに注目した話だった。

対談が特に良かった。鏡さん大活躍! 自分で日本語でしゃべったのを、いけだ笑みさんが通訳して、メリマンの返答は鏡さんが自ら訳して説明する。間近で見ると圧巻。英語で会話が成立している点もすごいと思うけれど、それは英語が堪能な人なら可能なのだろう。同時に、それを訳して日本語で説明すると言うことは、頭の中では英語対英語の会話の思考だけでなく、さらに日本語に訳しつつどうみんなに説明するかを考えている。それだけでなく、話の振りとか、流れも理解しつつ構成していくのだから、(占星術の世界での才能や知識はさることながら)個人のポテンシャルの高さを見せつけることになった。


その対談の中で、鏡さんがメリマン氏に質問した内容に、「新しい組織を作っていく時のポイント」とか「アメリカで立ち上げたときの経験談」などがあり、まだまだ組織的な活動が活発になっていない日本のAstrologer達には参考になったものと思う。
人の信頼を集められるリーダーがいて、しっかり働いてくれる人をメンバーにして、メンバーを鼓舞して仕事をさせて…。うーん。。。そりゃ、難しい。(笑)  アメリカのほうが組織化しやすい事情もあったのかもしれないけれど。

まぁ、日本では「出る杭を打つ」とか「他人の成功を妬む」傾向はあると思うし、「自分も相手と同じ高い所にいこう」とするのではなくて「相手を引きずりおろして横並びになろう」という動きも少なからずあることだと思う。もちろん、占星術の世界に限らない、日本全体の傾向として。
もちろん、日本の占星術界は自由闊達な雰囲気があるし、珠玉混在、魑魅魍魎(笑)、それはそれでいいことだと思う。単純に、組織化したり、誰かやどこかの団体に権威を持たせることがいいとも感じない。

そんな中で、こういった大会があるというのも、盛り上がるにしろ、廃れるにしろ、最初の一番槍としての価値が高い時間だったと思う。


それにしても、一番印象に残ったのは、いけだ笑みさん。(笑) 何度も会っているんだけど、スーツ姿も似合うジャン。でも、3部で通訳しているとき、テーブルの下からちょっと見えた足(つま先って言うか、足の裏っていうか…)は、足癖悪いぞ。(笑)
本人は「日本人は発音にだまされる」と言うけれど、メリマン氏が一度も聞き返したりわからなそうな顔をしなかった発音は、きっと、立派なんだと思う。これも本人は「鏡さんが花を持たせてくれたのよ」と言うけれど、メリマン氏の回答について鏡さんへフォローを入れているシーンも1〜2回あった。やはり、アメリカで過ごしてきた「耳」は、全く困ることはないほどに「慣れている」耳よりも、さらに微妙に違うのかもしれない。

占星術でも、それぞれの考え方の背景があって、それには、それぞれの人、属しているコミュニティ、住んでいる国、生きている時代によって、「価値観」があるんだと思う。
占星術の世界に限らず、いけださんには「日本の価値観で見ちゃいけないよ」というのは、何度も教えられた。アメリカで反戦活動をして学校を退学になったという話をしたときに、彼女は「そんなの全然問題にならない、イヤならやめればいいし、それは学校の方針で退学にするわけだから、そんなのを問題なく受け入れてくれる学校もあるから転校すればいい」と言うし、Tシャツひとつでも(それなりのロゴがあるものは)反対勢力に襲撃されるかもしれないリスクを承知の上で「自己主張の一環」で着るんだそうな。まぁ、多少の誇張はあるかもしれないけど。(笑)
ついつい、「自分の価値観」で判断してしまうけれど、そういう「あっちの価値観は違う」という感覚で考えられる思考力を持つというのは、素晴らしいし、日本人にはなかなかないものだと思った。

最近はアカデメイアでの講師としても活躍中のいけださん。今後は次々と新しい展開をしていきそうでかなり注目だと思う。こういう視点があって、英語も分かる人だから、新しいものを紹介してくれると期待大。超メジャーになる前から友達で良かった。(笑)

ちなみに、Astrologer.JPにも、海外事情にチェックを入れている人がいるはずだけど〜。(笑)



<先月> <目次> <来月> <最新> <Astrolgoer's diary> <Top Page>


Akiary v.0.42